バーキンやケリーバッグなどアイコニックなブランド「エルメス(HERMÈS)」。日本でもヒカキンさんやはじめしゃちょーといった著名人の愛用でも注目を集め、ブレスレット「シェーヌダンクル」などのアクセサリーも人気を集めております。そんなエルメスが世界初の試みエルメスシアターが日本にて世界初開催されました!2022年6月から開催されたイベントの様子をご紹介いたします!

エルメス(HERMÈS)とは?

エルメスから2022年に誕生された初のベースメイク【エルメス・プラン・エア】画像
エルメスから2022年に誕生された初のベースメイク【エルメス・プラン・エア】

当店でも買取強化をおこなっている「エルメス」。元々は1837年に高級馬具ブランドとして誕生されました。1892年にはバーキンのアイコンバッグである「オータクロア」が誕生し、その高いクオリティと馬具入れでは無く鞄としての機能性も優れ巷で話題を集めた後に1900年に本格的にバッグの製造を始めました。生産を始めた後の20世紀前半にアメリカにて車の普及も増えたこともあり、馬具の売り上げも減少しバッグや財布、ベルトといったレザーアイテムの製造に力を入れ始めます。1920年には世界初めてバッグにファスナーを取り込んだアイテムを発表し爆発的な人気を持ちました。
1955年には当時のモナコ王妃であったグレース・ケリーが愛用していたことから名付けられた「ケリー」バッグ、1984年にはイギリスの女優ジェーン・バーキンが注文したことで誕生した「バーキン」が誕生し、世界を魅了させています。
また、エルメスでは現在【メイゾンマルジェラ】を展開するマルタンマルジェラやジャンポール・ゴルチェなど錚々たるデザイナー人が手掛けていた歴史があり、マルジェラ期・ゴルチェ期と言ったアーカイブコレクションが再注目されております。
2015年にはAppleと共同開発された「アップルウオッチ・エルメス(Apple Watch Hermès)」を発表し、過去モデルの中古相場も値崩れが起きることのない人気のアイテムとなっており、今後も目が離せない世界的なメゾンブランドです。

エルメスシアター「LA FABRIQUE DE LA LÉGÈRETÉ― 軽やかさの工房」について

エルメスシアター「LA FABRIQUE DE LA LÉGÈRETÉ― 軽やかさの工房」 画像
エルメスシアター「LA FABRIQUE DE LA LÉGÈRETÉ― 軽やかさの工房」

2022年6月12日(日)~6月21日(火)に日本・東京、六本木 東京ミッドタウン・ホールにて開催された【エルメスシアター「LA FABRIQUE DE LA LÉGÈRETÉ ―軽やかさの工房」】。エルメス初となる体験型のイベントは、エルメスの年間テーマである「もっと軽やかに」をベルギー出身の映画監督ジャコ・ヴァン・ドルマル氏や振り付け師のミシェル・アンヌ・ドゥ・メイ氏など数々のアーティストたちが「軽やか」を表現し、重力から解き放たれる快感を体現できます。入場は無料となっておりましたが、開催ギリギリまで内容が一切明かされることのなかったエルメス注目のイベントの様子をお伝えいたします!

SCENE I ; 反転した世界
SCENE II ; 渡り手袋の飛翔
SCENE III ;サーカス
SCENE IV ; だまし絵
SCENE V ; 四つの鞄のオペラ
SCENE VI ; 無重力

コンセプトに「ペガサスと6つの軽やかさを探す旅」を持ち、6頭のペガサスと6幕のパノラマが上映されました。

エルメスシアター SCENE III ;サーカス 画像
SCENE III ;サーカス

【Pegasus and the Quest for the seven forms of lightness / ペガサスと7つの軽やかさを探す旅】。
「手」から織りなされる新たなエクスタシーは誰もが心を掴まれるでしょう。
コロナ渦の中2022年のメゾンテーマを考察中に『軽やかさ』が自然と誕生したそうです。エルメスを求める方たちが人生の中に育む為に軽やかさを生み出すミッションでもあり今年度に相応しい大切なテーマをシアターの中でも表現されております。

エルメスシアター SCENE V ; 四つの鞄のオペラ 画像
SCENE V ; 四つの鞄のオペラ

今シアターの中でも一番話題となっているのが『歌うケリーバッグ』。
エルメスのアイオンバッグでもある大中小とサイズ・カラーが異なった「ケリーバッグ」まるで砂遊びをする子供のように優しくオペラを歌っている大変愛らしい姿が見られました。

エルメスシアター SCENE VI ; 無重力 画像
SCENE VI ; 無重力

シアター内は映像や小物の使用だけでは無く、一番大きなステージでは実際にアーティストがパーフォーマンスを行うシーンもありました。
【表舞台】は勿論のこと、通常では見ることのできない【裏舞台】も余すことなく拝見ができる世界は、エルメスの製品を造り上げている多くの職人たちへの尊敬の意も込められているのではないでしょうか。

エルメスシアター SCENE IV ; だまし絵 画像
SCENE IV ; だまし絵

2022年6月12日(日)~6月21日(火)の間、世界先行にて日本・東京(六本木 東京ミッドタウン・ホール)で開催されたエルメスシアターは入場無料とななり5月下旬より受付開始された完全予約制の1日4回入れ替え制(上映時間約60分)となっていましたが、瞬時に予約が埋まってしまう人気のイベントとなっておりました。
滅多に見ることが出来ないメゾンブランドのコレクションテーマを重ねたクリエイティブな世界観は至福なひと時を味わえたでしょう。

エルメス買取について

ブランド買取LIFEでは「エルメス」のアイテムは全て高価買取を行なっております!
日本でも入手困難とされている『バーキン』や『ケリー』をはじめ、ガーデンパティ、サックアデペッシュなどのバッグ、コンスタンス、べアン、ドゴンなどの財布は勿論のことスカーフ、靴、アクセサリーなど全て買取強化中です!

ブランド買取専門店LIFE

エルメス買取強化中!!

ブランド買取LIFEではエルメスを高価買取中です!ピコタンやバーキンなどのバッグ・財布を始めサンダルなどの靴、ネックレス・ブレスレットなどのアクセサリー、スカーフ、時計などレディース・メンズ問わず高価買取をおこなっております!LINE査定では最短15分にて返信可能となっておりますので是非ご依頼ください!

エルメス買取実績のご紹介

エルメスの買取はLIFEにお任せください!

LIFEではエルメスの「バーキン35 トゴ ゴールド シルバー金具 □H刻印 04年製」や「D刻印 2019年製 Picotin ピコタン PM ゴールド金具」、「× Apple Watch Series5 MWQJ2J/A 40mm」などの買取実績が豊富にございます!
当店にはエルメス専属バイヤーが在籍しておりますので、掲載されていないアイテムのお問い合わせなどもお気軽にお申し付けください!

まとめ

いかがでしたでしょうか??
エルメスは2019年の冬に銀座ソニーパークにてクリスマスイベントも開催され他、コスメのPOP UP STOREも展開されるなど日本でも話題の尽きないブランドです。
バーキンやケリーも日本での流通数も少なく古いモデルであるヴィンテージアイテムへの注視も多く見られます。
当店でもエルメスのお品物は全力で買取させていただきます!アイコンアイテムは勿論のこと、新作アイテム、洋服、灰皿などのオブジェも大歓迎ですので是非一度当店をご利用ください!

もっと詳しい買取情報を知りたい方へ
エルメス買取特集ページ

エルメスのバッグや財布、時計、アクセサリーの買取についてはこちらをご覧ください。

エルメス アクセサリー 買取 画像

他にもさまざまなアイテムを高価買取中です。

imagesource:instagram.com,fashion-press.net,fashionsnap.com,vogue.co.jp/

専門バイヤー
査定申込み先