「ルイ・ヴィトン」というブランド名は聞いたことがあっても、歴代のデザイナーを知っている方は少ないのではないでしょうか。この記事では、ルイ・ヴィトンのデザイナーに就任していたヴァージルアブローや、歴代デザイナーと発売モデルをご紹介しています。

歴史を知ることで、ルイヴィトンが愛されているさらに理由を知れるでしょう。

ルイヴィトンデザイナーのヴァージル・アブローについて

2019年春夏シーズンからルイ・ヴィトンメンズ部門の新アーティスティックディレクターに抜擢されたヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)。ルイヴィトンのデザイナーとしては史上初の黒人デザイナーとなりました。

ヴァージル・アブローは多彩でありファッションデザイナーだけでなく建築家、DJ、エンジニアとしても活躍していた経歴があります。さらにオフホワイトのデザイナーとして最前線で活躍していたことは有名な話。

そんなヴァージルアブローは「ラグジュラリーストリート」という新しいジャンルをファッション業界に取り入れました。ルイ・ヴィトンのアーティスティックディレクターに就任してからもその勢いは止まらず、奇抜なアイテムを多数生み出しました。

2022年秋冬コレクション
2022年秋冬コレクション

しかし、2021年11月28日に41歳の若さで亡くなったヴァージルアブロー死を、非常にたくさんの人が悼みました。

ルイヴィトン歴代デザイナー

ここからはルイ・ヴィトンの歴代デザイナーをご紹介をします。歴代デザイナーと当時の名作アイテムを知り、ルイ・ヴィトンの変遷をたどりましょう。

2018~2022 ヴァージル・アブロー(MENS)


ラグジュラリーストリート」や、「コラボレーションの定着」など新しい影響を与えました。ハイブランドとストリートをミックスさせ人気を博しました。

ディスカバリー・バムバッグ PM
キーポル XS
ミニ・ソフトトランク

2013~現在 ニコラ・ジェスキエール(WOMENS)


特別ファッションの教育は受けたことがない二コラ・ジェスキエール。展覧会を新宿で行ったり、「ファイナルファンタジーⅩⅢ」とのコラボレーションしたりと、日本とは深い関りがあります。

オンザゴー PM
スピーディ・バンドリエール 20
アルマ BB

2011~2018年 キム・ジョーンズ(MENS)


シンプルでラグジュアリーな雰囲気に、ストリートを取り入れたスタイルが人気となりました。ルイ・ヴィトンだけでなくディオールやフェンディのディレクターに就任した経歴もあります。

17AW×ルイヴィトン LVジャカードデニムベースボールジャージー
ダミエ・アンフィニトゥルース・トワレジョーヌ
17AW Louis Vuitton×fragment Stadium Jacket

2006~2011年 ポール・エルバース(MENS)


パリで創業された「メゾン・マルジェラ」で経験を積んだ後、ルイ・ヴィトンのデザイナーに就任。アフリカ大陸の王族からヒントを得て、ブラックレザーを使用した「モノグラム・マカサー」でメンズ定番ラインを確立しました。

モノグラム・マカサー PDJ
モノグラム・マカサー サック・バックパック
モノグラム・マカサー ジッピー XL

1997~2013年 マーク・ジェイコブス(WOMENS・MENS)


1986年自身のブランド「マーク・ジェイコブス」を設立。ルイ・ヴィトンのデザイナーに就任してからは、エナメル素材を用いたカラフルな色合いの「ヴェルニ」を生み出し、多くの人気を集めました。

モノグラム・チェリーサック・プラ
モノグラム・マルチカラーアルマPM ブロン
ヴェルニ・アルマPM

創設者 ルイ・ヴィトン


パリへの旅路で旅行用カバンに魅せられ、トランク専門店で働いていたルイ・ヴィトン。フランス王室から注文を受けるほどの実力を持ち合わせており、1854年に立ち上げた旅行用カバン専門店が「ルイ・ヴィトン」の発祥となりました。

ダミエ・キャンバスのトランク「マル・キャビン」
蓋に丸みのあるグリ・トリアノン キャンバスのトランク
ダミエ・キャンバスのトランク「イデアル」

ルイヴィトンデザイナーの後任は決まってる?

2021年11月に死去したメンズ・アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブローの後任は未定です。ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者のマイケル・バークは後任について「急いでいない。きちんと時間をかけて探す必要がある」と話しました。また、「地域・性別・年齢はの制限はない。」と言及。

後任については様々な噂が流れていますが、ヴァージル・アブローの死を多くの人が嘆いたことから、マイケル・パークは「これまでの典型的な近寄りがたいデザイナーではなく、親しみやすさを持ち合わせたデザイナー」を探しているようです。今後のルイ・ヴィトンの展開を見逃せません。

まとめ

ここまでルイヴィトンデザイナーのヴァージルアブローや、歴代デザイナーについてご紹介しました。ルイヴィトンは創設から様々なデザイナーが携わり、非常に多くの人に愛されるアイテムを生み出しています。これからもその勢いは止まることなく、新しいアイテムが発売され続けることでしょう。

専門バイヤー
査定申込み先

imagesource:ja.wikipedia.org,uptodate.tokyo,www.afpbb.com,snkrdunk.com,3xina.com,kaitorisatei.info,okuraya.jp