2022年3月11日から6月20日までプラダ青山店にて展覧会「ロール プレイ(Role Play)」が開催されています。

今回はプラダ青山店で開催されている展覧会「ロール プレイ(Role Play)」について詳しく解説させていただきます。

プラダ青山店展覧会「ロール プレイ(Role Play)」のご紹介

プラダ青山店にて展覧会「ロール プレイ(Role Play)」が2022年3月から開催! 画像

今回プラダ青山店にて開催されている展覧会「ロール プレイ(Role Play)」は2022年2月19日から6月27日にかけてイタリア・ミラノのプラダ財団美術館で開催されている展覧会の第2弾となります。
今回の展覧会ではジュノ・カリプソ氏、ベアトリーチェ・マルキ氏、ハルカ・サカグチ氏、グリセルダ・サン・マルティン氏、澤田知子氏、ボゴシ・セククニ氏など世界的に活躍する5組6人のアーティストの写真や映像、音声作品が展示されています。
また会場の光を用いたインスタレーションは、クリエイティブ・エージェンシーの「Random Studio」が手がけています。
プラダの公式サイトでは本展覧会について「代替可能かつ理想化されたアイデンティティを模索し、投影し、作り上げる概念について探求します。」と記されており、「個人の本質や表向きの人格の追求とその理解に迫る」をコンセプトとしています。
また今回の展覧会をキュレートしたメリッサ・ハリス氏は「分身や表向きの人格、化身は自分の望みであるかもしれない。おそらくそれは、自分の個人的、文化的な背景や他者意識に関連しているとも言え、アクティビズムのひとつ、あるいは、既成概念にとらわれずに、相手の立場に立って考えるという共感を得るための手段であるかもしれないのです」と語っております。

プラダ青山店展覧会「ロール プレイ(Role Play)」展示作品のご紹介

OMIAI♡

澤田知子

神戸市出身の澤田知子氏は写真シリーズ「OMIAI♡」を展示しています。澤田氏はこれまでセルフポートレートを使用した作品を発表してきており、「内面と外面の関係」が大きなテーマとしています。今回の「OMIAI♡」シリーズは髪型や服装、体重などを変えて30人の別人に扮した自身のお見合い写真作品となっています。昔ながらのお見合いで用いられるお見合い写真を再現する事で、外見と内面の関係性や外見から個人の内面を探ろうとする行為を鑑賞者に問いかけています。

Never Be My Friend

ベアトリーチェ・マルキ

これまで架空のキャラクターを通じて伝統やジェンダーについて問題提起をしてきたイタリア出身のベアトリーチェ・マルキ氏は「Never Be My Friend」を展示しています。今回はケイティーという架空のキャラクター「ケイティ」にフォーカスした音声作品となっています。

Typecast

ハルカ・サカグチ/グリセルダ・サン・マルティン

大阪出身のハルカ・サカグチ氏とスペイン出身のグリセルダ・サン・マルティン氏の写真家2人組は「Typecast」という作品を展示しています。こちらは非白人俳優を被写体としており、彼らが普段演じる事が多いステレオタイプの役と本来演じたい役の写真で構成されています。アメリカのエンターテイメント業界のステレオタイプな扱いや多様性の欠如などを風刺しています。

Consciousness Engine 2: absentblackfatherbot

ボゴシ・セククニ

南アフリカ出身のボゴシ・セククニ氏は疎遠になった息子と父親の関係をテーマに「Consciousness Engine 2: absentblackfatherbot」という作品を展示しています。こちらはかつて実際にあった息子と父親のチャットをロボットの声が再生し、それに合わせて3Dアニメーションの親子の顔が動くという物です。

What To Do With a Million Years?

ジュノ・カリプソ

イギリス出身のジュノ・カリプソ氏は1970年代に核攻撃に備えて建設されたラスベガスの住宅地下にあるシェルターを映し出した「What To Do With a Million Years?」を展示しています。

今回の展覧会は5組6人の現代アーティストが「ロール プレイ」というテーマの元、それぞれの表現で作成された作品が展示されたメッセージ性の強い展覧会となっております。期間中は入場無料で開催されておりますので、お近くにお越しの際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は2022年3月11日からプラダ青山店で入場無料で開催されているから展覧会「ロール プレイ(Role Play)」について詳しくご紹介させていただきました。国内外の現代アーティスト達の個性豊かな作品や「Random Studio」が手がける光のインスタレーションも含めて、是非一度は観ておきたい展覧会となっております。
今回はイベントのご紹介でしたが、プラダの買取について詳しくお知りになりたい方は是非プラダ買取ページをご覧下さい。
ブランド買取LIFEではブランド古着をはじめスニーカーやバッグ等幅広く買取を行っておりますのでまずはお気軽にお問合せ下さいませ!

image source:fashion-press.net,prada.com,tjapan.jp

専門バイヤー 画像

専門バイヤー
査定申込み先

電話受付 11:00〜19:00 0120-818-999
見積もり最短1分!24時間受付中!LINE無料査定